事業者の思い

薬に頼らず、免疫力を上げる服

 

私は、2010年のお正月まで、薬漬けの人生でした。

症状を抑えるための薬だけでなく、その薬の副作用止め、

服薬で起こる頭痛や生理痛の痛みを抑えるための痛み止め

風邪をひきやすくなったので、ビタミン剤や風邪薬

雪だるま式に薬は増えていって、一番多いときで120錠ほど飲んでいました。

からだが弱くなっていくのを自覚していて、どうして良いのかわからなくなっていました。

そんな中、「冷えとり健康法」と出会いました。

冷えとり健康法を続けていくうちに、食べ物や生活の仕方、そして服の選び方が変わっていきました。

とうとう薬もゼロになり、健康を取り戻していったのです。

 

私と同じ悩みを抱えている方、たくさんいらっしゃると思うんです。

ちゃんと、からだをあたためてみませんか?

靴下を履いて足元をあたためること、シルクを着ることで、副作用は起こりません。

冷えとり靴下を履いて、シルクやウール100%のレギンスを履いて、

それが健康につながれば、その方が良くないですか?

私は、自分が作った冷えとり靴下と天然繊維のレギンスで、命を救われました。

 

「からだをあたためる」とか、「足元を厚く」などやっていると、おしゃれがなかなか難しかったりします。

機能とおしゃれは相反する要素だったりしますが、私はそこを両立させたい。

おしゃれはとても大事です。人生の喜びのひとつです。私はそこを大切にしていきたいんです。

 

ORIMEで扱っている素材は、長年高級メゾンで経験を積んだ私の目で厳選した、最高級のシルクやウールです。

そして、その最高の素材を使いこなせる工場は、限られています。

 

化繊を使わないで、天然繊維100%だけでレギンスや靴下を作るのには、たいへんな技術がいるのです。デザインにこだわっているので余計です。

私の想いに共感し、わがままを聞いてくれる、奇特な、希少な、最高の技術を持つ工場様に作ってもらっています。

 

素材に妥協せず、良い工場を使っているので、どうしても原価が高いです。

安くできなくてごめんなさい。これでも私たちの利益は薄いのです。

でも、実際にお試しいただけたら、きっと喜んでいただけると思います。

だまされたと思って、ORIMEの靴下や服を試してみてください。

 

2020年秋 ORIMEデザイナー 野口貴子

 

Profile

野口貴子 Takako Noguchi

1970 年生まれ、 文化服装学院卒業。

コムサイズム、バーバリーブルーレーベル、レキップ・ヨシエイナバなど、

12年間、各ブランドの第一線にて商品開発を担当し、デザイナーの経験を積む。

2009年、 冷えとりコーディネートを提案する国内で初のブランド

「CURA」を設立。10年間にわたり「CURAstyle」を運営。

2020年、新ブランド「ORIME」を設立。