Concept

天然繊維 = 野生の力で人が輝く

「冷えとり健康法」の効果を気軽に日常スタイルに取り入れる前身ブランドのテーマを引き継ぐORIMEは、さらにそのコンセプトを深め、「野生の力」を生活に活かすことを主眼としております。


衣類、特にアンダーウェアは素肌との接点にあたるものです。デリケートな肌に常時ふれるものであれば、化学繊維ではない天然繊維が望ましく、その中でも特に上質な素材が理想的です。


また、天然繊維がもつパワーを最大限に引き出すためには、加工法、およびデザイン的な設計も非常に重要となります。当ブランドは素材の効能を最大限に引き出すために、しめつけがなく、着心地のよいオリジナルデザインを追求している点にも大きな特徴があります。

野蚕(やさん)について

当ブランドでは、国内ではまだ余り認知されていない野蚕(やさん)の素材を活用した新商品を次々に開発しています。
通常のシルクよりも保温性、耐久性があり、デトックス効果が高いメリットがあるとされます。※野蚕には「ワイルドシルク」という呼称もあります

一般的な家蚕とは異なり、
野蚕(やさん)は色とりどりな繭の色彩が美しいのが特徴です。

一切のストレスを感じさせない
究極の衣類を目指して

特殊なホールガーメントという機械を用いることにより、縫い目のないシームレスな形状を実現しているのも当ブランドの特徴です。
たとえば、タグをあえて表側に付けたり、ウエストのゴムを2本使用したりと、ストレスフリーを実現するための工夫をこらしています。

タグを表側に付けた当ブランドの商品(ウールレギンス)
構造設計も工夫し、お尻の厚み分生地を立体的にすることで
理想的なフィット感を実現しました。

機能性を高める独自デザインの追求

また、天然素材の機能性をかぎりなく引き出し、その不足点を補うためのデザイン設計も日々研究しています。
例えば、従来の天然繊維はしめつけのない緩やかな着心地は実現できましたが、ズレやすく、フィット感に欠ける不足点がありました。新商品の「Yasanシルク100% ずれない靴下」は、その点を解決するために、かかとの厚みの分だけ布地を立体的にすることで天然繊維でありながらズレにくい機能性を実現しました。

【新開発】Yasanシルク100% ずれない靴下先丸 レディース〈ナチュラル〉

天然素材を用いたパッケージ
(脱ビニールの取り組み)

当ブランドでは、サスティナビリティの観点から、脱ビニール化にも積極的に取り組んでおります。国産の和紙を使用した包み紙やパッケージなどは、見た目も美しく上質であり、ゴミにしない再利用をご推奨しています。

国産和紙を使用したパッケージ類
提供:MORIKI PAPER