秋おすすめレシピ  “さつまいもとりんごの蒸し煮”

 

 

だんだん寒くなってきて、こってりした甘い物が食べたくなりますね。今日はそんな時にピッタリの、旬の果物りんごを使ったヘルシースイーツをご紹介します。

「1日1個のりんごで医者いらず」という諺がありますが、りんごには、ポリフェノール、ケルセチン、ペクチン、セルロース、カリウム、ビタミン等の栄養素がたっぷり!しかも低カロリー。ダイエット中でも安心ですね

<さつまいもとりんごの蒸し煮> 
 りんご    1個
 さつまいも  1本
 レーズン   大さじ1~2
 天然塩    ひとつまみ
 シナモン   小さじ 1/4 (好みで)
 バター (またはココナツオイル) 大さじ1~2

1)さつまいもとりんごを食べやすい大きさに切る。
2)鍋にりんご、さつまいも、レーズン、塩、半カップほどの水を入れ弱火でゆっくりと煮る。
3)りんごが透明、さつまいもが柔らかくなったらバター(ココナツオイル)を入れシナモンをふりかける。

りんご、さつまいも、レーズンの量は計らずに適当に作っても失敗することはありません。ポイントは塩をひとつまみ入れること。塩がりんごとさつまいもから甘さを引き出してくれるので砂糖なしでも十分に甘くなります。

できれば、りんごやさつまいもは皮ごといただきましょう。農薬が心配な場合は、酢を入れた水(酢:水 1:3)や、重曹を入れた水(1リットルの水に大さじ3倍の重曹)に浸してから流水で洗うとかなりの農薬が除去できますよ。

油はバターかココナツオイルを使って下さいね。マーガリンやショートニング等、植物油に水素を加えて人工的に作られたトランス脂肪酸は、心筋梗塞や脳卒中などのリスクを高める危険性が指摘されています。日本ではまだ規制されていませんが、トランス脂肪酸はできるだけ避けることをおすすめします。

旬のおいしいものは何よりのお薬です。食べて免疫力を高めて、この秋も健康に過ごしましょう。

 

ORIME(おりめ)スタッフ