白髪とめんげん(瞑眩)

寒くなってきましたね。
葉が落ちた散歩道は見晴らしがよくなりました。自然は確実に移ろいゆくもの。落ち葉や枯れ木を見ていると、自然は確実に移ろっていくのだなあと感慨深い気持ちになります。

私は最近白髪が増えたようで、なんでだろうと気になっています。先日、白髪も冷えとりのめんげん(瞑眩)のひとつであると耳にしました。
えっ?そうなの⁉

冷えとり健康法で冷えが抜けてくると、体をデトックスするためにいろいろな症状が現れます。それを瞑眩(めんげん)と言いますが、めんげんの例として、白髪が増えることがよくあるそうなんです!

・ブログ記事 「冷えとりと、めんげん」はこちら
・冷えとり健康法についてはこちら

白髪の原因は、単に老化だけではなく、栄養不足、血流不足、紫外線や電磁波も関係あるようです。そして、白髪に深く関係する臓器は「腎臓」なのです。腎臓は血液をろ過する大切な役目がありますが、この機能が低下すると、血液は汚れたままで血流が悪化し、頭皮に十分な栄養が送られず白髪や抜け毛が起きてしまうんですね。

また、白髪の場所でどの機能が弱っているかがわかります。

 

腎臓は冷えにとても弱い臓器。半身浴や足湯、靴下の重ね履きなど、冷えとり健康法で下半身をあたためる生活は腎機能を向上させるのにとても有効なんですね。

 

 

ちなみに腎臓の養生に良い食べ物は、豆類、クコの実、ナツメ、シナモン、山芋、ハスの実、特に黒豆、黒ゴマ、昆布など黒い物がよいそうです。

 

 

冷えとりが進むと、デトックス(めんげん)として白髪が一時増えるそうです。白髪が増えた後、黒髪が増えて前より黒々してきた、という体験談が多くあります。これは励みになりますね!

冬は腎臓が毒出しをする季節です。
これからはぜひ、頭髪の状態にも注目して冷えとりを実践してみてください。

 

 

※めんげん(瞑眩)については進藤先生の娘さんである進藤幸恵さんのサイトも参考になさってください。

シルク100%ウール100% レギンス・冷えとり靴下・ルームウェアのブランド

ORIME(おりめ)スタッフ